車検切れの車を運転した場合

多くのドライバーの方は、毎回定期的に車検を受けています。
車検というのは、車を運転する人にとって欠かすことのできない大切なものです。
また車検を受けることによって車の状態も把握でき、それで買い替えのタイミングも考慮できます。
車検は法律で決まったものなので、忘れず受ける必要があります。

いろいろと大変です

よく車検切れの車を運転していた、などのようなニュースを見かけることがあります。
車検切れの車を、そのままにしておくこと自体は問題ありません。
しかしその車検切れの車を運転した場合、どうなるのでしようか。
疑問に思っている人も、結構多いと思います。
車検切れの車というのは、公道を走ると法律違法になりますので罰則を受けます。
車検切れの車は、道路運送車両法のなかの、無車検車運行に違反します。
違反すると違反点数が6点で、別に30万円以下の罰金が課せられます。
またこういう車検切れの車というのは、その多くは自賠責保険も切れていることがほとんどです。
自賠責保険が切れている場合は、自動車損害賠償保障法違反になります。
ここでも違反になり、この場合は違反点数が6点で、別に50万円以下の罰金が課せられます。
この二つの違反によって違反点数が計12点になり、結局90日間の免許停止になります。
そして車検切れ車を運転している時に事故を起こした場合、自動車保険もありませんので補償も一切ありません。
こうなれば、もうお手上げ状態です。

ドライバーの方は注意してください

車検切れの車を運転すると、取り返しのつかない事態になるおそれがあります。
また事故を起こすと、他人も巻き添えにしてしまいます。
それゆえドライバーの方は、自己管理を十分注意しておいてください。

関連する記事