月別: 2015年6月

車検切れの車を運転した場合

多くのドライバーの方は、毎回定期的に車検を受けています。
車検というのは、車を運転する人にとって欠かすことのできない大切なものです。
また車検を受けることによって車の状態も把握でき、それで買い替えのタイミングも考慮できます。
車検は法律で決まったものなので、忘れず受ける必要があります。

いろいろと大変です

よく車検切れの車を運転していた、などのようなニュースを見かけることがあります。
車検切れの車を、そのままにしておくこと自体は問題ありません。
しかしその車検切れの車を運転した場合、どうなるのでしようか。
疑問に思っている人も、結構多いと思います。
車検切れの車というのは、公道を走ると法律違法になりますので罰則を受けます。
車検切れの車は、道路運送車両法のなかの、無車検車運行に違反します。
違反すると違反点数が6点で、別に30万円以下の罰金が課せられます。
またこういう車検切れの車というのは、その多くは自賠責保険も切れていることがほとんどです。
自賠責保険が切れている場合は、自動車損害賠償保障法違反になります。
ここでも違反になり、この場合は違反点数が6点で、別に50万円以下の罰金が課せられます。
この二つの違反によって違反点数が計12点になり、結局90日間の免許停止になります。
そして車検切れ車を運転している時に事故を起こした場合、自動車保険もありませんので補償も一切ありません。
こうなれば、もうお手上げ状態です。

ドライバーの方は注意してください

車検切れの車を運転すると、取り返しのつかない事態になるおそれがあります。
また事故を起こすと、他人も巻き添えにしてしまいます。
それゆえドライバーの方は、自己管理を十分注意しておいてください。

車検切れの車を動かすには

車社会と言われて久しいのですが、現在も車がないと生活できない人がたくさんいます。
都会では公共の交通機関も整備されていますので、特に車がなくても生活はできます。
しかし地方などの田舎になれば、公共の交通機関の環境も悪いせいか、車がないと生活に支障をきたす地域もあります。
ですので、地方の人は今でも車は必需品として大切に利用されています。
このようにドライバーの方たちにしてみたらとても大切な車ですが、もう一つ大切なものがあります。
それが車検になります。この車検を忘れるドライバーも、結構いるのではないでしょうか。

車検が切れたら

空き地や、駐車場などによく車検切れの車を見かけます。
そのような車のなかには、ナンバープレートが付いているものもあります。
この場合まだ所有者がいますので、早急に車検を受ける必要があります。
そのなかには、車検切れの車に気づいている人もいるでしょう。
しかし車検切れであるので、どうやって動かせばいいのかよく分からない人もいます。
こういう車検切れの車を動かす場合、一体どうやればいいのではないでしょうか。

車検切れの車を動かすには

車検切れの車を動かすには、二通りの方法があります。
一つ目は、レッカー車で移動する方法になります。
この場合は、専門業者に連絡すればすぐ来てくれます、
そしてもう一つの方法は、仮ナンバーを取得する方法です。
仮ナンバーというのは普通のナンバープレートと異なり、赤い斜めの線が入ったものです。
このナンバーを取得して、移動することになります。

早目に移動してください

車検切れの車は、そのままでは運転できません。
しかし、いつまでもそのままにしておくわけにもいきません。
早目に移動して、車検を受けてくだい。

車検切れの車の廃止の仕方2

車検切れの車を処分する方法はいろいろとありますが、そのなかには廃車にする人も増えています。
毎日の忙しさから、つい車検の手続きを忘れてしまうこともあります。
毎回同じ業者に車検を依頼してれば、車検の案内が届きますので気が付くチャンスもあります。
しかし毎回違う業者に依頼していれば、業者によって通知が届かないところもあります。
ですので、車検の期日も忘れてしまうのです。
一度車検が切れると、再び元に戻すまで手間と時間がかかります。
それゆえ乗っている車が古い場合、車検切れを機に廃車にする人もいます。
車検切れの車を廃車にする方法はいろいろありますが、そのなかには自分でする人もいます。
自分一人でする場合、どのように行えばいいのではでしょうか。

自分で持ち込めれば安くなります

車検切れの車を廃車にするのはとても簡単そうにも見えますが、実際のところどうなのでしょうか。
廃車をするには、解体業者での解体処理が必要になります。
しかし車検が切れていますので、もちろんその車検切れの車で公道を走れません。
それゆえその場合は、解体業者に取りに来てもらうことになります。
しかしそうなると、手数料が発生します。
この時の手数料ですが、業者や移動距離によって変わってきますが、だいたい1万円前後になります。
また業者に依頼する以外にも、仮ナンバーを取得する方法もあります。
この仮ナンバーがあれば公道も走れますので、業者に依頼することなく持ち込めます。
この時の仮ナンバーの取得費用は、だいたい1,000円程度になります。
これなら、業者に依頼するよりもかなり安くなってきます。

自分でするのが一番早い方法です

車検切れの車を廃車するには、さまざまな方法があります。
自分でするのが一番早いのですが、面倒な点もありますのでよく検討してみてください。

車検切れの車の廃止の仕方1

承知のとおり、車検切れの車はそのままでは運転できません。
ですので、何かしらの処分を行う必要があります。
自宅の駐車場にそのまま置いても構いませんが、それでは邪魔になります。
それゆえ車検切れの車を、自分で処理する人も増えています。
廃車にする方法はさまざまですが、自分に合った方法を選択してみてください。

買取の専門業者が便利です

車検切れの車は、そのままでは利用できません。
ですので、車検切れを機会に廃車にする人も増えています。
実際に廃車にするには、どうすればいいのではないでしょうか。
廃車にする場合は、買取業者といった専門業者に依頼すると便利です。
廃車にするために実際に中古車の買取業者に行くと、査定ができないと言われ、しかも処分費用まで請求されるケースがあります。
しかし、全ての業者がそうではありません。
そのなかには、きちんと処分してくれるところもあります。
例えば「廃車買取専門」といった、廃車の買取を専門に取り扱っている業者であれば、高額の査定をしてくれる場合もあります。
走行距離10万キロ以上、また年式の古い車両や事故車、故障車や車検切れの車など、普通なら値段がつかない車も全て買取ってくれます。
特に車検切れの車や、自賠責保険が切れて乗れない車についても、買い取りの対象になります。
こういう廃車の買取専門業者は、廃車のなかの使用可能なパーツを再利用することが目的となっています。
ですので、そのような中古のパーツ市場に流通させて利益を得ているのです。
また金属についても、リサイクルして再利用するノウハウを持っています。

検討する価値はあります

車検切れの車を廃車にする場合、廃車の買取専門業者に依頼するほうが早くなります。
ですので、一度検討してみるのもいいでしょう。

まずは自賠責保険に

車の運転をする人も増えてきましたが、あなたの車の車検は大丈夫ですか?
車検というのは、定期的にやってきます。
そのなかには、車検を受けるのを忘れる人もいます。
またさまざまな事情によって、車検を受けられない人もいます。
車検切れの車に乗ると、罰則も厳しくなっています。
ですので、決められた日時まできちんと車検を受ける必要があります。
またたとえ車検を受けられなかった時でも、その後の対処をきちんと行えば、以後も問題なく走行できます。
また車を数台所有している人は、さらなる管理の徹底が必要になります。

安心して運転するために

車を所有している人にとってととても大切な行為、それが車検になります。
車検切れになると、運転することはできません。
仮に運転して検問などで引っかかると、一発免停の処分を受けます。
それゆえ実際に運転する前は、車検の日時をいつも頭に入れておく必要があります。
そうすることで、毎回安心して運転できるようになります。

まずは自賠責保険に

車検切れの車を復活させる場合、とりあえず車検を受ける必要があります。
しかし実際に車検が切れている場合、自賠責保険も当然切れています。
ですので、まずは自賠責保険料を支払う必要があります。
この自賠責保険料を支払わないと、仮ナンバープレートももらえません。
仮ナンバーがあれば、とりあえず公道は走れますので自動車工場までは運転できます。
このように車検切れの車を復活させる場合、まず自賠責保険を取得する必要があります。
この場合車検が切れた事で新規契約の扱いになり、自賠責保険は通常期間と比べて1カ月増しになります。
ですので、最初に25カ月分の支払いをすることになります。注意しておいてください。

面倒なことも多くなってきます

車検切れになると、面倒な事も増えてきます。
ですので、普段から注意しておいてください。